ガリシアへ行こう!/Imos a Xapon!

スペイン北西部ガリシア地方を紹介しています。ガリシア文化を日本へ、日本文化をガリシアに発信していきたいです!
En la pagina web de "Imos a Galicia!/Imos a Xapon!" quiero introduciros a la cultura japonesa a los gallegos y a la cultura gallega a los japoneses! El intercambio cultural construira una buena relacion entre Galicia y Japon. Podeis dejar comentario en castellano, gallego, ingles o japones!
Na paxina web de "Imos a Galicia!/Imos a Xapon!" quero introducirvos a cultura xaponesa aos galegos e a cultura galega aos xaponeses! O intercambio cultural construira unha boa relacion entre Galicia e Xapon. Podedes deixar comentario en galego, castelan, ingles ou xapones!

Hare y Ke/ハレとケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1be61c6c.jpgSi preguntas al japonés "¿Qué comes en Japón?", no te contesta "Como Sushi." Por eso, sushi no es comida típica en Japón. Creo que él dice "Como arroz blanco, sopa de miso, pescado asado...".

Por supuesto, hay un japonés que diga "Como sushi siempre! Es una comida típica en Japón". Sin embargo, hay varios tipos de familia japonesa depende del sitio, edad, nivel de la vida. Sushi es una comida japonesa, pero ¿es una comida típica? ¿Qué es la comida típica?

Según Kunio Yanaguida (el folclore famoso en Japón), hay un conceto de "Hare" y "Ke". "Hare" significa la vida non-cotidiana. "Ke" significa la vida cotidiana.

Kimono es un ejemplo de "Hare". Llevamos Kimono sólo en el día especial. Por eso, Kimono se llama, en otra palabra, "Hare-gui" ("gui" significa "llever" o "ropa"). Kimono no es ropa común ni típico en Japón.

Sushi también era una comida de "Hare". Hace 30 años de Japón, sushi era prenombre de comida de primera clase. Comían sólo en el día de celebración.

Hoy en Japón, la frontera entre "Hare" y "Ke" es muy ambigua. Gracias a sushi trén (comenzó en Osaka en 1958.), sushi es común poco a poco ahora. Sin embargo, restaurante especializado de sushi todavía no es popular.

Cuando introduzca a la cultura a los extranjeros, mucha gente cuenta sobre la cultura de "Hare". Sin embargo, "Ke" es la cultura también. Por eso, quiero introducir ambas culturas en esta página web.

ガリシア人に「寿司は日本では日常的に食べるんじゃないか?友達はそう言っていた」と言われたので、考えてみました。僕の感覚ですが、寿司は和食ではあるけれども、まだ「日常的に食べるもの」というまでには一般化されていないのではないかと思います。まだまだ庶民の食べ物というよりも、高級料理だと思います。

民俗学者の柳田國男氏が言うように、日本では(もちろん、日本に限らず)、「ハレ」と「ケ」があったと思うんです。「ハレ」は非日常で、「ケ」は日常。
「晴れ着」という言葉があるように、着物は特別な日しか着ない。寿司も「ハレ」の食事だと思うんです。確かに、回転寿司の普及で庶民の口にも届くようになったけれども、まだまだお寿司屋さんは敷居が高い気がします。だから、寿司はまだ典型的な日本食とは言えない気がします(もちろん、寿司は日本料理です。だけど、「ケ」にはなりきれていない気がする)。

で、日本文化について語る時に、必ず出てくるのは、寿司・侍・芸者・天ぷら・着物・歌舞伎などなど。でも、本当にこれらは日本文化なの!?芸者なんて一度も見たことないし、着物も着たことない。これらは、日本文化のほんの一部分だと思う。これらだけを日本文化として紹介すれば、偏った日本人像が出来上がってしまうのではないか。だから、この偏見を打ち破りたい!というのが僕の思いです。長くなってごめんなさい。

追記:「ハレ」か「ケ」は、食卓にあがる頻度、あるいは庶民的かに関係がないかもしれません。例えば、おせち料理や赤飯、お雑煮は、庶民も口にできるけど、祝い事の時にしか食べないから「ハレ」。また、これらは典型的な日本食とはやはり言えない。寿司の場合は、「ケ」の食事になりつつあるのかな…。

ガリシア語学習サイト「ガリシア語講座 Curso de galego para xaponeses」

Hamburguesa Fonseca/フォンセカバーガー

このエントリーをはてなブックマークに追加
69c597c0.JPGHamburguesa especial Fonseca é moi rica. Es una hamburguesa con lechuga, tomate, cebolla, jamon, mayonesa... estupendo!! Puese comer en el comedor de nuestro Colegio Mayor Fonseca!! Pruebala!

フォンセカバーガーです。うちの寮の名物。
ほぼ一日おきに食べていました。ハンバーガーにハムやたまねぎまで入ってるんです。意外とマッチ。他の外国は知りませんが、かなり巨大なハンバーガーです。

ガリシア語学習サイト「ガリシア語講座 Curso de galego para xaponeses」

Kashima/鹿島

このエントリーをはてなブックマークに追加
850a7fdb.JPGKashima es una ciudad en Ibaraki provincia. Está al norte de Chiba, al nordeste de Tokio.
Esta foto es de Kashima Jinguu (Santuario sintoísta). Hay una puerta en la foto. Se llama "Torii" en japonés. Es una frontera entre nuestro mundo y el mundo de Kami (dios de sintoísmo). Si estás de luto (dentro 49 días del muerte), no se puedes entrar.

Kashima es famoso por el equipo de fútbol llamado "Kashima Antlers", donde famoso brasileño Zico jugaba.

鹿島神宮に行ってきました〜。2回目です。
鹿島神宮は、樹木が生い茂り、「フィトンチッド」と呼ばれるリラックス成分が吸収できるそうです。確かに、少しリラックスしたような気がします。
中学から剣道をやっていたのですが、剣道部の神棚は鹿島神宮のものだった気がします。

ガリシア語学習サイト「ガリシア語講座 Curso de galego para xaponeses」

Catedral/大聖堂

このエントリーをはてなブックマークに追加
3af94117.jpgLa Catedral es símbolo de Santiago de Compostela. Es un destino de Camino de Santiago. Catedral fue establecida en 1128 (se comenzó en 1075).
Esta catedral barroco es muy grande y bonita. Dentro de catedral, hay un famoso Botafumeiro grande. Nunca he visto cuando estaba en Santiago, pero quiero verlo algún día. Y, puede subir a la cubierta también.
No saques fotos dentro, porque es un sitio sagrado!

サンティアゴデコンポステーラの大聖堂です。
結構大きいです。後期バロック式建築です。1128年に完成。
ここは「巡礼の道(Camino de Santiago)」の終着地として有名。杖を持ち、貝殻を首に提げた人たちを毎日見かけます。
あと、まだ工事中かもしれないのですが、ボタフメイロという有名な提げ香炉があります。僕はビデオでしか見たことがないのですが、両脇にいる何人もの人がぶら下がって上下に動かします。かなり大きいです。
現地の人が言っていたのですが、大聖堂の増築部分に日本建築があるそうです!今度紹介します☆

ガリシア語学習サイト「ガリシア語講座 Curso de galego para xaponeses」

Sushi tren/回転寿司

このエントリーをはてなブックマークに追加
8f12c320.JPG"Sushi trén" es un tipo de restaurante de Sushi en Japón. Creo que todavía no hay en Galicia, pero ví uno en Madrid (cerca de Cortes). No sé cómo se llama en gallego, pero se llama "Sushi train" en Australia.

En este restaurante, los platos de Sushi están encima de cinta transportadora. Podemos elegir varios tipos de Sushi. También, podemos pedir al cocinero.

Sushi en restaurante normal es muy caro (por eso, no tiene ganas de ir para los jovenes y las familias normales. Cuesta más de 20 euros cada persona). Sin embargo, Sushi en restaurante, en general, es más barato. Por eso, es más popular en Japón. Cuesta 1, 1.5, 2, 2.5 euros cada plato depende de pescado o marisco crudo.

No olvides que Sushi no es una comida familiar en Japón aunque a veces tomamos Maki-Zushi (Sushi en rollo) en la casa. No comemos Sushi muchos veces, porque es muy cara para japoneses. Es como paella o conejo en Galicia (perdone, es común en Galicia...!! No es buen ejemplo para explicar. Quería decir sushi restaurante no es más común en Japón). Muchos extranjeros creen que Sushi es el plato típico en Japón. Sushi todavía caro, pero es más común que antes gracias a Sushi trén. Introduzco la vida japonesa normal. Por supuesto, hay unas japoneses que comen sushi muchos veces. Pero, yo creo que son raros. Hay varios tipos de nivel de la vida en Japón también.

En todo casa, Sushi es rico! Cuando visites a Japón, prueba Sushi en "Sushi trén".

回転寿司についてです!
スペインでは何て呼ばれているのでしょうか??
昔、「スシトレイン」という競走馬が好きだったのですが、そこからオーストラリアではSushi trainと呼ばれていることを知りました。かっこいいですね。なので、スペイン語訳もSushi trenにしてみました。ガリシアにはまだないと思うのですが…。
スペインで寿司を頼むとありえないくらい高いです。1貫500円くらい?まだ行ったことはないのですが、マドリードに回転寿司があるようなので行ってみたいです。

回転寿司はいろんな店舗がありますが、千葉県民としては、やはり銚子丸が一番だと思います!

「寿司は日本でポピュラーなんじゃないか??」と聞かれているのですが、どうでしょうか。僕は、回転寿司にはたまに行きますが、寿司屋は敷居が高いイメージです。
そして、ガリシア人に、和食=寿司とだけ思われたくないというのもあるので…。

ガリシア語学習サイト「ガリシア語講座 Curso de galego para xaponeses」

Galicia/ガリシア関連

スペインビール エストレージャ・ガリシア
ガリシアの味を日本でも!


ポルティゴ・ダ・リーア 2010 アルバリーニョ リアス・バイシャスDO 白
ガリシアの白ワイン、アルバリーニョを日本でも!

スペイン料理の缶詰【たこのガリシア風】
「タコのガリシア風」の缶詰。


ガリシアの碧い風
ガリシアのガイタ奏者、カルロス・ヌニェス氏のCD。
Santiago/巡礼関連

聖地サンティアゴ巡礼 世界遺産を歩く旅


世界ふれあい街歩き 巡礼の道~スペイン~/レオン・サンティアゴ・デ・コンポステラ [DVD]
ナレーションが好きです(笑)


サン・ジャックへの道 [DVD]
フランスからサンティアゴまでを巡礼する映画。ちょっと不思議な雰囲気。
Quen son?/自己紹介
xacobeo
スペインのガリシア自治州サンティアゴデコンポステーラでの生活を終え、帰国。
Eu chamome Masashi. Eu son un rapaz xapones. Vivin en Santiago de Compostela, unha ciudade de Galicia. Son licenciado en dereito e actualmente estou no Xapon.
ブログ内の記事・写真の無断転載はご遠慮ください。ご一報頂ければ基本的にOK。
Rogase non copiar os artigos e as fotos sen permiso:)

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村
Contacto/連絡先
Para contactar comigo.
ご意見ご感想等はこちらにお願いします。
Archivos/アーカイブ
Castelan/スペイン語

Esta Manana Y Otros Cuentos
かなりオススメ。歌詞を全部暗記したおかげで、スペイン語力伸びました(笑)歌詞はとても聴き取りやすいです。
2012年6月発売の最新CDはこちら⇒Lo Dije Por Boca De Otro


Uso de la gramatica espanola intermedio.
マドリード大学留学時代に使用していたテキスト。内容は細かいですが、「書く力」が伸びた気がします。反復練習に向いています。


エストレリータ −スペイン語入門コース−
スペイン語初学者用テキスト。各章に単語リストが載っていて使いやすいです。CDも付いているので丸暗記しやすいです。


スペイン語作文の方法 構文編
このテキストの構文をシャドーイング→丸暗記で、スペインでの会話は何とかなります!未だに使っています(笑)


スペイン語会話 クイックレファレンス
マドリード留学時代お世話になりましたm(_ _)m これを熟読すればかなりのスペイン語力が身に付くと思います。愛用書のうちのひとつです。


中級スペイン文法
最近(2012年)読み進めている本。知らない用法がたくさん出ているので勉強になります。実践でも使っていきたいと思います!
Historia/スペインの歴史

現代スペインの歴史―激動の世紀から飛躍の世紀へ
20世紀のスペイン政治を分かりやすく説明しています。とても読みやすい本なので、現代スペイン史を概観したい方にはオススメ。


スペインにおける国家と地域―ナショナリズムの相克
スペインの地域ナショナリズムについて論じています。ガリシア主義についての章もあります。


未知の国スペイン―バスク・カタルーニャ・ガリシアの歴史と文化
ガリシアの近代史についても詳しく書かれています。最終章では、現代のスペインについて批判的に考察を加えています。
Visitantes/訪問者数


  • ライブドアブログ